検索

わかろうとせず、読んだら忘れてしまってください

Mikikoがはじめて先生からアドヴァイタの教えを聞いた時、 なぜかわからないのですが、「あーこれだ」と思いました。 いわゆる文学的表現で「私はこの時、そのように思った」という感じではなく、 頭で思うよりももっと瞬時に、もっと深く、言葉では表現しようもないものが反応した、と...

そこには誰もいない ~本当のわたしとは何者か~ 

20世紀を代表する覚者の一人に、ニサルガダッタ・マハラジという人がいます。 彼は先生から「あなたは至高の存在である」と言われ、自分へのフォーカスから離れられなくなり、その結果約4年くらいで『そこには誰もいないかつ、すべてである』を直接体験したといわれています。...